ここから本文です

山本譲二「ほとんど聞こえない」顔面神経に腫瘍…聴力失いかけていることを告白

6/30(金) 20:46配信

スポーツ報知

 演歌歌手の山本譲二(67)が、30日放送のフジテレビ系「訂正させてください」(金曜・後7時)に出演し、両耳の聴力を失いかけていることを明かした。

【写真】安田大サーカス・HIRO、左脳室内出血で休養

 山本は、番組内で「両耳の聴力を失いかけているのでは?」と問われ、「はい。こっちの耳(右耳)がある日、6、7年前に突然聞こえなくなり、こっちの耳(左耳)を頼りに歌ってきました。イヤモニを外すと全く聞こえません」と両耳が聞こえづらくなっていることを認めた。

 右耳が聞こえなくなり病院に行くも原因が分からず、ある日訪れた病院で精密検査をしたところ、鼓膜の奥を通る顔面神経に腫瘍が見つかった。手術をすると顔面マヒの可能性があると告げられたことで手術を断念したが、2013年に左耳も聞こえづらくなった事を明かした。現在の現状を「10が最高だとしたら、(左耳は)3ぐらい。ほとんど聞こえない。普段補聴器を入れてます」と話した。

 「スケジュール入ってるし、キャンセルなんて出来ない。やるところまでやりますよ」と話す山本は、妻・悦子さんからの応援の手紙に「悦ちゃん、ありがとな」と目を潤ませていた。

最終更新:6/30(金) 21:12
スポーツ報知