ここから本文です

【MLB】足首負傷のK.ブライアントは大事に至らず、本人はDL入り否定

6/30(金) 9:49配信

ISM

 現地28日の試合で右足首を痛めて途中交代したシカゴ・カブスのクリス・ブライアント三塁手だが、どうやら大事には至らなかったようだ。

 ブライアントはワシントン・ナショナルズ戦で内野フライを捕球した際に三塁ベースを踏んでしまって足首をねんざ。29日は出場こそなかったが、試合前には「昨日よりは遥かによくなった」とコメント。「あのフライは最初、ベースからかなり離れていたのにベースの方に戻ってきたんだ。ああいう事もあるんだね」と振り返っていた。

 またブライアントは故障者リスト入りする必要はないとの認識で、試合復帰も「そう遠くはない」と早期復帰に自信を見せていた。

 ブライアントは昨季、打率.292、39本塁打、102打点、121得点の好成績でナ・リーグMVPに選出。今季は74試合に出場し、打率.264、16本塁打、32打点、50得点という成績を残している。(STATS-AP)

最終更新:6/30(金) 9:49
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/26(水) 18:15