ここから本文です

大沢樹生、DNA騒動リークは自分?「言わざるをえない…」

6/30(金) 21:40配信

スポーツ報知

 男性アイドルグループ、元光GENJIの大沢樹生(48)が、30日放送のフジテレビ系「訂正させてください」(金曜・後7時)に出演し、2005年に離婚した元女優・喜多嶋舞さん(44)との“実子騒動”が公になったのは映画の宣伝だったことを否定した。

【写真】始球式に登場した諸星和己

 2013年、喜多嶋さんとの間に生まれた当時16歳の長男が実子でない可能性が浮上。DNA鑑定を依頼したことを週刊誌で報じられ、発覚から14日後に緊急会見を開いた。しかし、この2日後に元光GENJIの諸星和己(46)と、20年ぶりに共演し、自身が監督を務めた映画の宣伝だったのではと噂が立ったことに「自分の監督作品だけど、そこまでのリスクは負えないです」とキッパリ否定した。「7日の会見は予定になかったし、する気もなかった。だけど、その後の会見に支障をきたすと、映画会社とかに『どうにかしてください』と言われてたし、諸星に対して失礼なんで、前倒しで急きょ設定した」と緊急会見を開いた理由を話した。

 さらに、DNA鑑定をリークした人を問われ、医師でタレントの西川史子(46)が「自分でしたのでは?」と問うと「12月の頭、仕事から帰ってきたら直撃されて…、この時に裁判するしないで話になっていたので、遅かれ早かれ世に知られてしまうと。まあ自分が週刊誌の直撃された時に認めてしまったことで、(自分がリークしたことと)一緒になってしまうのかな…。あえて言ったわけでわけではなく、直撃されたときに、とぼけていたけど、(話を聞いたら)ほぼほぼ合っていたので…言わざるをえない…」と週刊誌に掲載された経緯を説明した。

最終更新:6/30(金) 22:19
スポーツ報知