ここから本文です

【NBA】ペリカンズ、FA解禁日にJ.ホリデーと交渉へ

6/30(金) 15:41配信

ISM

 ニューオーリンズ・ペリカンズが現地29日、チームから完全フリーエージェント(FA)になるポイントガードのドリュー・ホリデーと、交渉が解禁される7月1日に面談を行う予定であることがわかった。

 これは米国の大手ポータルサイトが運営する『ヤフースポーツ』の『The Vertical』が、現地29日に報じたもの。ペリカンズはホリデーとの再契約を優先事項としているが、同選手は合意に至らなかった場合、FA交渉解禁から48時間以内に他球団と接触することを示唆しているという。

 27歳のホリデーは、2013年オフに行われたトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズからペリカンズに加入。以来、主力のひとりとしてチームの屋台骨を支え、昨季は平均15.4得点、7.3アシストをマークした。

 なお、ポイントガードが豊富な今オフの移籍市場では、ホリデーのほかにデリック・ローズ(ニューヨーク・ニックス)、ジェフ・ティーグ(インディアナ・ペイサーズ)、ジョージ・ヒル(ユタ・ジャズ)らがリストに名を連ねている。また、シーズンMVPに2度輝いたステフィン・カリーは、ゴールデンステイト・ウォリアーズ残留を希望していると、『The Vertical』は伝えている。

最終更新:6/30(金) 15:41
ISM