ここから本文です

【秋田】J3首位も来季昇格断念…本拠スタジアム要件を満たせず

7/1(土) 6:05配信

スポーツ報知

 J3ブラウブリッツ秋田は30日、J2昇格に必要なスタジアムの要件が満たせなかったとして、来季のJ2ライセンス申請を断念したと発表した。今季は負けなしで首位に立っているが昇格は見送られることになった。秋田市内で記者会見した運営会社の岩瀬浩介社長(36)は「文句なしの首位なのに、結果を残しても報われない寂しさを感じる」と話した。

 一方で、秋田県と秋田市がスタジアムの整備を計画していることを踏まえ「整備方針が示されることを前提に、来年はライセンスを申請し、最短で2019年にJ2で戦いたい」と強調した。J3は年間1位と2位になればJ2に自動昇格できるが、チームがJ2ライセンスを持っていることが条件。観客1万人以上を収容できるスタジアムが必要で、現在の本拠地「あきぎんスタジアム」(秋田市)の収容人数は5000人弱と条件に届いていない。来季のJ2ライセンスは30日が申請期限だった。

最終更新:7/1(土) 6:05
スポーツ報知