ここから本文です

NON STYLE井上、土屋太鳳とのキス熱望に観客ドン引き

7/1(土) 10:33配信

オリコン

 お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が1日、都内で行われた映画『兄に愛されすぎて困ってます』公開記念舞台あいさつに出席した。土屋太鳳演じる主人公がいろんタイプの“兄系イケメンズ”に愛されまくる同作に、先生役で出演した井上は「打ち上げの時に監督に『次回作があれば、次は土屋太鳳とキスをさせてくれ』と。いつでもキスシーンの準備はできていると伝えた」と豪語。客席がドン引きすると「一人ずつキスしていくぞ!」とまくし立てて、いつもの悲鳴を巻き起こした。

【画像】井上を尊敬すると語った片寄涼太

 同作は夜神里奈氏による『Sho-Comi』(小学館)で連載中の同名少女マンガを実写化。非モテ女子・橘せとか(土屋)が突然現れたモテ期に戸惑いながらも、本当に好きな人を見つけるまでを描くラブコメディー。

 この日、舞台あいさつ初登場となる井上、土屋のほか片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、杉野遥亮が登壇。土屋は井上演じる“イケメン風セクシーブサイク”矢高先生から壁ドンされるシーンについて「とても早いスピードの壁ドンが待っていると思います」と紹介。

 その感想を聞かれた片寄は「学ぶところばかりで…スピード感とか」とひねりだすも、井上は「GENERATIONSの方が圧倒的にスピード感あるやろ」と呆れ顔。千葉が「壁ドンの加工だったり、効果音とか…」と続ければ、「俺の力じゃないわ!」、杉野が「役者の鑑」と褒め称えれば「どこがや!」とツッコミを連発させ、その場を大爆笑させた。

 一方で、片寄は「打ち上げの時に井上さんに『こういう風に宣伝していくといい』とお話させていただいて、それはずっと意識してます。感謝してます。だからリスペクトです」と尊敬の眼差し。井上が「ほんとに?ヘラヘラしてるやん?」と指摘すると「いや本当に超リスペクトっす」と重ねた片寄だったが、やっぱり「いや、ヘラヘラしてるやん…」と最後まで半信半疑だった。

最終更新:7/9(日) 17:28
オリコン