ここから本文です

【タカタ破綻】公表10社、自動車メーカーの引当額 合計1兆3309億円

6/30(金) 9:40配信

東京商工リサーチ

ホンダ5560億、トヨタグループ5700億

 タカタ(株)(TSR企業コード:295877413、東京都)が製造したエアバッグへのリコール費用に対する自動車メーカー各社の引当額(公表10社分)が判明した。

 本田技研工業(株)(TSR企業コード:291038689)は、2015年3月期に約1200億円、2016年3月期に約4360億円の合計約5560億円をエアバッグインフレーターに関連する製品保証引当金繰入額として計上している。ホンダの担当者は、「5560億円はリコール措置によって将来発生すると合理的に見積もった金額。今期(2018年3月期)は、多額の製品保証引当金の計上予定はない」とコメントしている。
 トヨタ自動車(株)(TSR企業コード:400086778)の、リコール費用(既届出分)に係る求償債権等は5700億円。この金額は将来有する求償債権の見込み額も含む。
 トヨタによると、当該数値には連結対象のダイハツ工業(株)(TSR企業コード:570229340)と、日野自動車(株)(TSR企業コード:291055729)分を合算している。

日産907億、スバル735億、マツダ407億

 日産自動車(株)(TSR企業コード:350103569)は、2016年3月期にリコール費用として907億円を特別損失で計上している。
 (株)SUBARU(TSR企業コード:291043216)は、2017年3月期において735億円を未払計上している。
 マツダ(株)(TSR企業コード:740083694)は、2016年3月期に407億円の製品保証引当金繰入額として計上している。

三菱自、UDトラックスは非公表

 三菱自動車工業(株)(TSR企業コード:290569729)と、UDトラックス(株)(TSR企業コード:313998884)は引当額を非公表。

リコール対象製品「使用なし」のメーカーも

 スズキ(株)(TSR企業コード:450214354)、いすゞ自動車(株)(TSR企業コード:290010993)、三菱ふそうトラック・バス(株)(TSR企業コード:295565918)の3社は、TSRの取材に対し、「リコール対象のタカタ製エアバッグは使用していない」と回答した。また、(株)光岡自動車(TSR企業コード:590062859)は、「タカタと取引がない」と回答している。

 国内自動車メーカー10社(非公表2社を除く、ゼロを含む)の引当額の合計は1兆3309億円に達する。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2017年6月30日号掲載「Weekly Topics」を再編集)

東京商工リサーチ