ここから本文です

ふるさと甲子園V祈願 特産品アピールへ 勝浦ロケ誘致団体

6/30(金) 10:40配信

千葉日報オンライン

 千葉県勝浦市のロケ誘致団体「勝浦ロケーションサービス」(KLS)は、8月に都内で開かれる地域活性化イベント「全国ふるさと甲子園」の優勝へ向けて、遠見岬神社で出展用品を清め、運気上昇を祈願した。

 イベントは映画やドラマのロケ地になった地域が集まり、特産品などをアピールし「行きたいまちNo・1」を競う。2016年にKLSが初出展し、55団体中4位に入賞した。今年もエントリーする方針で、担当者は「優勝」と意気込む。

 出展ブースでは、昨年撮影された映画「海賊とよばれた男」などで差し入れたカツオの串揚げ「勝運カツ」を冷製茶漬けにアレンジして提供する。カップに入れたご飯にカツをのせ、だし汁をかけて出来上がり。夏らしいテイストで来場者の心をつかむ。

 遠見岬神社には、「勝運カツ」と焼き印された竹串1万本とスプーン2千本、カップに貼るシール1万5千枚を持ち込んだ。厳粛な雰囲気の中でおはらいを受け、勝運上昇を祈願した。

 イベントは8月26日、東京・秋葉原で開かれる。