ここから本文です

ぱるる登場!「ひよっこ」における島崎遥香の存在とは!?

6/30(金) 7:10配信

dmenu映画

先週、「ひよっこ」にぱるること島崎遥香が登場しました。ぱるるの登場のその意味と展開を、朝ドラ論「みんなの朝ドラ」(講談社現代新書)で注目のフリーライター、木俣冬さんが予想します!

【画像】『劇場霊』で主演した島崎遥香

善意に満ち溢れているドラマをむず痒く思う風潮も

昨今のエンターテインメントの流行りのひとつに、イヤミスがある。「告白」や「少女」など数多く映像化されている湊かなえの作品に代表される、いやな気持ちになるミステリーである。加えて、罪悪感なく不倫するヒロインが許せないと視聴者の議論は白熱しながらも、視聴率は次第に上昇していったドラマ「あなたのことはそれほどでも」(TBS)も話題になった。それらに対して、あくまでも性善説を唱えるようなドラマがあることをご存知であろうか。朝ドラこと連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)だ。

「ひよっこ」は、高度成長期の時代、高校卒業と同時に、茨城から東京に出稼ぎにやってきたヒロインみね子(有村架純)が、様々な出会いと経験をしながら生きていく日々を描いている。着目すべきは、現在、70話(全話の半分弱)まで来て、ひとりも悪い人が出て来ないことだ。いや、それよりも、心が洗われるような心優しい行為の数々が描かれていることのほうが重要だ。例えば、みね子が上京し、工場に住み込みで働くことになった時、工場や寮にひとりくらい意地悪な先輩がいてもおかしくない。ドラマの場合、ここでいじめに合うのは定番とも言える。だが、全員善人で、仕事の出来ない人をかばい励まし、笑顔で毎日を過ごそうとする。また、行方不明になったみね子の父(沢村一樹)がたまたま立ち寄った洋食屋・すずふり亭のオーナーとシェフ(宮本信子、佐々木蔵之介)が、ほとんど見知らぬみね子に対して、ひたすら親身になってくれる。

彼らが、工場が倒産し困っているみね子を雇ってくれることになって、現在、店の裏にあるアパートでの新生活がはじまったところだが、その住人もそろいもそろっていい人ぞろいだった。みね子の恋の相手ではないかと目される大学生(竹内涼真)はちょっと理屈っぽく、最初のうちはヒロインとぶつかり合うかと思わせて(それもドラマの定番)、早くも、いい人っぷりを見せはじめている。女性住人(シシド・カフカ)も一見こわそうだが、意外とみね子を心配してくれている。大家さん(白石加代子)もやや嫌味だが、決定的に他人を貶めるわけではなく、かなり愛嬌がある。そんなふうだから、毎朝、とても気楽に観ることができる。

ただ、子どもの情操教育用絵本や、口当たりの良い生き方本のように、善意に満ち溢れていることをむず痒く思う視聴者もいるようで、それが、ここ最近の朝ドラの中では視聴率がやや低い原因の一端になっている可能性もある。

1/2ページ

最終更新:6/30(金) 7:10
dmenu映画