ここから本文です

5時間遅れ予想! 特定日のみ大混雑する秩父の路線バス 何が起きている?

6/30(金) 6:20配信

乗りものニュース

減便、終点変更も予告

 西武観光バス(埼玉県所沢市)は、同社が運行するとあるバス路線にて、2017年7月1日(土)に通常1時間10分の道のりが、約6時間かかるという大幅な遅延見込みを発表、当日に向け随時追加情報を案内しています。

【地図】西武秩父駅から三峯神社までのルート

 その路線は、埼玉県秩父市の西武秩父駅と、「秩父三社」のひとつとされる三峯神社を結ぶ「三峯神社線」です。当日は通常1日7往復を3往復とし、運行区間を三峯神社終点から2.2km手前のヘリポートまでに変更するうえ、定刻では1時間10分という西武秩父駅からヘリポートまでの所要時間見込みを、「更に遅延の場合あり」としたうえで約6時間と予想しています。

 さらに、西武秩父駅午前8時30分発、午前9時10分発のバスにはそれぞれ続行便(2号車以降)を運行予定としているものの、路線バスのため運行台数や乗車定員に限りがあるとし、「満員の場合ご乗車いただくことが出来ません。特に途中停留所からご乗車のお客さまはご注意ください。西武秩父駅からのご乗車をお勧めいたします」といったアナウンスもしています。なお、本記事内の情報は、2017年6月29日時点のものです。

6月には最大5時間40分の遅延も

 ダイヤ変更の理由は、三峯神社が毎月1日限定で頒布する『白い氣守』(「氣」の一字が書かれた白いお守り)頒布日にあたり、かつ7月1日が土曜日であることから、「著しい渋滞」が予想されるためだといいます。西武観光バスの親会社である西武バス(埼玉県所沢市)に話を聞きました。

――これほどの運休と遅延の予想を出すのはなぜでしょうか?

 多くのメディアに取り上げていただいていることもあり、毎月1日に三峯神社へ参拝される方が増えています。このためマイカーが神社の駐車場から出てこられず、駐車場の入場待ち渋滞が発生しており、バスにも遅延が生じています。事前の告知は、あらかじめお客さまにその遅延情報を提供して、ご理解とご協力をお願いするためです。

 遅延見込みについては過去の実績を元に推測していますが、5月1日はゴールデンウィーク期間中だったこともあってか、平日にもかかわらず11kmの渋滞で最大4時間55分、6月1日は同じく平日でしたが12kmの渋滞で最大5時間40分の遅延が発生しました。7月1日は土曜日ということもあり、さらに著しい渋滞が予測されています。

1/2ページ