ここから本文です

ピクサー最新作『リメンバー・ミー』陽気なガイコツたちの世界が明らかに! 特報&新画像公開

6/30(金) 5:00配信

ぴあ映画生活

『トイ・ストーリー』、『モンスターズ・インク』、『ファインディング・ニモ』、『インサイド・ヘッド』と、さまざまな世界を舞台に多くの感動を届けてきたディズニー/ピクサー。彼らが最新作『リメンバー・ミー』で描くのは、なんと“死者たちの世界”だ。ピクサー史上最もチャレンジングと呼び声も高い本作。この度、待望の特報と新画像が公開された。

『リメンバー・ミー』特報&フォトギャラリー

主人公のミゲルは、音楽が大好きな少年。天才的なギターセンスを持っていたが、彼の一族には“音楽禁止”という厳しい掟があった。音楽を聞くことすら禁じられているミゲルは家族にも内緒で、こっそりと憧れのミュージシャン、デラクルスを真似てギターを弾いていた。そんなある日、デラクルスの霊廟へやってきたミゲル。そこに飾られていたギターを手にすると、なんとガイコツたちが暮らす死者の国に迷い込んでしまうのだった。

公開された特報では、禁じられていながらも、大好きなギターをイキイキと弾くミゲルの姿が印象的に描かれている。また、死者の世界は美しく彩り豊かで、陽気なガイコツたちがユーモラスな動きを見せ、まるでテーマパークのようだ。ミゲルが元の世界に戻るためのキーワードは“音楽”。デラクルスの名曲“リメンバー・ミー”に、そのヒントが隠されているのだという。ミゲルのセリフにもある「音楽の力を信じる」とは―。

製作総指揮にはジョン・ラセター。メキシコの祝日“死者の日”を題材にした本作について、「どの国でも変わらない普遍的な事柄で、日本では“お盆”にあたる風習。思い出を風化させないこと、家族の次の世代、またその次の世代へと思い出を生かし続けていくことが、何より大切と考えます。本作では、まさにそのことがテーマになっています」と語っている。

さらにピクサー・スタジオの精鋭である監督リー・アンクリッチ、プロデューサーのダーラ・K・アンダーソンも集結。『トイ・ストーリー3』を手がけたふたりの7年ぶりとなるタッグにも期待が高まる。コミカルなキャラクターと、心揺さぶる音楽を得意とするふたり。家族で楽しめる感動作になることは間違いないだろう。

『リメンバー・ミー』
来年3月16日(金)全国ロードショー

最終更新:6/30(金) 5:00
ぴあ映画生活