ここから本文です

タイトルも表紙も秘密。知らない本に出合えるブックカフェ「梟書茶房」に行ってきた

6/30(金) 7:01配信

BuzzFeed Japan

池袋駅直結の駅ビル「Esola池袋」の4階に、ブック&カフェ「本と珈琲 梟書茶房」(ふくろうしょさぼう)が6月30日にオープンします。「本屋+カフェ」の形態はもはや定番になりつつありますが、このお店の大きな特徴は……。

【写真】福原愛のウェディングドレス姿が天使すぎる 幸せが伝わる5枚の写真

販売する2000冊の本が、タイトルも表紙もわからない「シークレットブック」になっていること。袋とじ、とかけて“ふくろう文庫”と呼んでいます。

小説かエッセイか、はたまたレシピ本か……それすらわかりません。選ぶ手がかりは、おすすめコメントだけ。

推薦文は、こんな感じで書いてあります。

<No.001
表紙を見てまず、にやけてほしい(じっと見る、タイトルが数字でできている。なんとなく感動する)。
ページをめくりながら、微笑んでほしい(読み進める、口角が上がっていく。なんとなく恥ずかしくなる)。
そのうちに、吹き出してほしい(わかっているのに、止められない。なんとなく鼻の穴も全開になる)。
この本を手にしたあなたに、笑ってほしい(読んだ日は、なんとなく幸せな気持ちになる)。>

知らない本に出合える場所

本のセレクトは、神楽坂の本屋「かもめブックス」を手がけるエディトリアル・ジェットセットの柳下恭平さん。

「ふくろう文庫の一番のこだわりは『次に読むならばオススメの本』を紹介していること。習慣的に読書をしない人にとっては、読む本を探すことそれ自体が、面倒だと思うんです」

「本屋は、本が“多すぎる”。知らない本と出合いやすい環境を作るために、そして在庫数が少なくても『わざわざ行きたい』場所にするために、あえて情報を隠しています」

運営は、みんな大好きドトールコーヒー! このお店のコンセプトに合わせて、自他ともに認める「コーヒーおたく」菅野眞博さんが開発した「梟ブレンド」(500円)を楽しめます。

本とコーヒーのセットメニュー「梟叢書(ふくろうそうしょ)」(1500円)も本好きにはたまらない……ストーリーも味もわからない体験、楽しそう。

柳下さんが選んだ本をイメージして、菅野さんがオリジナルブレンドのコーヒーを作る……というとんでもないコラボ。

「いや~無茶ですよね!」(柳下さん)「無茶振りなので大変です(笑)。必死で想像力を働かせて……」(菅野さん)

初回のテーマは「孤独」。孤独なコーヒーってどんな味? はお店でお確かめください。在庫が売り切れる度に、セットの内容は変わっていきます。何回来ても新しい本に出会えます!

パスタにケーキ、フードメニューも充実。オリジナルのパンを使った「BOOKサンド」「ホットドッグ」が超おいしい。ミラノサンドを愛するみなさんは絶対食べるべき!!

雑誌や書籍など店内で読める本も約1000冊。ゆったりしたソファ席も、大きな窓から光がさす明るいエリアも、晴れた日には気持ちよく過ごせそうなテラスもあります。これからの季節すっごくよさそう……!

本好きのあなたも、普段あんまり読まないな……という人も。「梟書茶房」、池袋の新名所になりそうです。

最終更新:6/30(金) 7:01
BuzzFeed Japan