ここから本文です

上海が斎藤工・高橋一生・村上虹郎に熱狂!こんなに熱い中国の日本映画ファン

6/30(金) 12:10配信

dmenu映画

映画館前を騒然とさせた『昼顔』の上戸彩と斎藤工

今月17日~26日の日程で開催された上海国際映画祭の初日の夜、上海市中心部にある劇場「上海美ギ大戯院」(マジェスティック・シアター)前には、車道にまであふれるほどの人だかりができていた。目的は、映画『昼顔』の上映にあわせて舞台挨拶を行う主演の上戸彩と斎藤工の姿を見ること。チケットは発売後すぐに完売。運良く購入できて入場を待つ人々以外にも、チケットの転売を求める人や、人だかりを見物する人の群れで一時周囲は騒然とした。

【画像】『昼顔』の斎藤工と上戸彩

入場を待つ20代の若者に話を聞くと、その多くが「最初はアニメから日本に興味を持ち、ドラマや映画にはまっていった」と口をそろえる。上戸のファンだという女子大生は、「子どもの頃、家族でテレビ放送されていた「名探偵コナン」(読売テレビ・日本テレビ系)を見ていて、日本のアニメや漫画に慣れ親しんで育った。友だちからドラマ「半沢直樹」(TBS系)を薦められてからはドラマにもはまり、主人公の奥さんを演じていた上戸のファンになった」と話す。

放送してないドラマ「カルテット」で高橋一生のファンに!?

中国の日本映画・ドラマファンは、とにかく情報が早い。

同映画祭で前後編が2夜連続上映された『3月のライオン』では、主人公が通う高校の先生を演じた高橋一生がスクリーンに映るだけで観客がざわついた。違法アップロードではあるが、ほぼリアルタイムでドラマ「カルテット」(TBS系)を見て高橋のファンになったという人もいれば、深夜ドラマ「民王」(テレビ朝日系)の頃から注目していたという人も。「民王」といえば、主演の菅田将暉のファンも多く、今年上映された日本映画の中でも、『帝一の國』は最もチケットが取りにくかった作品のひとつだ。

上海には、嵐のファンも多い。『忍びの国』の上映には、コンサートさながら、主演の大野智や嵐のうちわを手にした若い女性が映画館につめかけた。大野のファンだという女子大学生は、「私のファン歴はまだ浅い。友だちに勧められてネットでドラマ『世界一難しい恋』を見たのがきっかけ」と教えてくれた。

1/2ページ

最終更新:6/30(金) 12:10
dmenu映画