ここから本文です

県内の5月の有効求人倍率は1・78倍/富山

6/30(金) 21:00配信

チューリップテレビ

 富山労働局が30日発表した県内の5月の有効求人倍率は1・78倍で、今年に入り5か月連続で、1.7倍台の高い水準を維持しています。

 富山労働局によりますと、仕事を求める人1人あたりの求人の数を示す5月の有効求人倍率は、前の月より0.02ポイント上昇し、1・78倍となりました。

 1・78倍は、全国で6番目に高く、25年前の1992年8月以来の高い水準です。
 今年に入り5か月連続で1.7倍台を維持していることなどから、富山労働局は、「雇用情勢は改善が続いている」との判断を据え置きました。
 県内の求人は、製造業やサービス業を中心に増えていて、新規の求人数は、2万5000人台で、バブル期の水準を上回っています。

チューリップテレビ