ここから本文です

[コンフェデ杯]最後は決定力の差が結果に W杯王者が怒濤の4ゴールで優勝へ王手

6/30(金) 11:03配信

theWORLD(ザ・ワールド)

メキシコにはスーパーゴールが生まれる

29日にコンフェデレーションズカップ2017準決勝、2014年W杯王者のドイツ代表対北中米カリブ海王者のメキシコ代表の試合が行なわれた。

試合は開始序盤から動く。6分、中盤でセカンドボールを奪ったゴレツカが右サイドに一旦預けて前線に上がると、そのままリターンを貰いゴール左に流し込んだ。ドイツの勢いは止まらず、その2分後に早くも追加点。1本のスルーパスに抜け出し、冷静に決めたのはまたもゴレツカだ。

いきなり2失点を喫したメキシコはその後チャンスを作るものの、テア・シュテーゲンのファインセーブなどに遭いゴールを決めることができない。序盤のゴール以降、試合は動かずドイツリードで前半を折り返す。

最低でも2点が必要なメキシコは、後半開始から積極的に前に出る。しかしドイツ守備陣を崩し切ることができない。すると59分、ドイツが試合を決定付けるゴールを奪う。この日何度もチャンスが訪れていたヴェルナーが、ヘクターの折り返しを冷静に流し込んだ。

一矢報いたいメキシコは、クロスバーを叩く惜しいシュートを放つなど、3点差になっても諦めずドイツゴールに襲いかかる。すると89分、その勢いがメキシコのスーパーゴールを生んだ。ファビアンが遠い位置からミドルシュートを放つと、シュート回転のかかったボールは、強烈にゴール右隅に突き刺さった。ゴールを奪いボルテージが最高潮に達したメキシコだが、2分後にトドメとなる4点目を奪われ試合終了。4-1で勝利を収めたドイツが決勝進出を決めた。

チャンスは互いに五分五分であったものの、決めるところで決めたドイツが優勝へ王手をかけている。最後までしぶとく戦ったメキシコは、翌年に控えるロシアW杯でこの屈辱を果たしたい。なお勝利したドイツは7月2日に決勝でチリ代表と、敗北したメキシコは同日に3位決定戦でポルトガル代表と対戦する。

[メンバー]
ドイツ:テア・シュテーゲン、キミッヒ、ギンター、リュディガー、ヘクター、ゴレツカ(→チャン67)、ルディ、ヘンリヒス、シュティンドル(→ブラント79)、ドラクスラー(→ユネス81)、ヴェルナー

メキシコ:オチョア、ラジュン、アラウホ、モレノ、アラニス、アキーノ(→ロサーノ45)、ジョナタン(→マルケス67)、エクトル・エレーラ、ジオバニ(→ファビアン63)、ヒメネス、ハビエル・エルナンデス

[スコア]
ドイツ 4-1 メキシコ

[得点者]
ドイツ:ゴレツカ(6、8)、ヴェルナー(59)、ユネス(90+)

メキシコ:ファビアン(89)

https://www.theworldmagazine.jp