ここから本文です

ホークス内川のベース直撃決勝打に工藤監督「ラッキーって言うなよ」

6/30(金) 9:14配信

Full-Count

連日満塁斬りのホークス嘉弥真、工藤監督も称賛「一番の大仕事」

 29日、日本ハムとの3戦目を“スミ1”で制し、同一カード3連勝をマークしたソフトバンク。工藤公康監督の試合後の囲みも「みなさんが感じたままの試合展開。以上。何かある?」と、ご機嫌モード恒例の“ボケ”から始まった。

【画像】「マイナビオールスターゲーム2017」 ファン投票最終結果&ポジション別詳細

 初回の一塁ベースに当たる内川聖一のラッキーなタイムリーについて問われると「ラッキーって言うなよ。あれは選手の『もってるもの』なの」と、笑いながら内川の運の強さに言及した上で、復帰したてのキャプテンの身体を気遣った。

「打ってくれるのはうれしいが体のことが一番。明日は移動ゲームだし、体調を見て(出場は)判断したい。ただ、今日はああいう形でも決勝打が出て本人も安心しただろう。順調に回復して、最後までがんばってほしい」

 また、中4日で先発登板させた松本裕樹が期待に応えて本拠地初勝利。「よかったんじゃないかな。低めに丁寧に投げていたし、変化球を含めて(ボールを)操れていたことが『あと一本』を打たせなかったと思う」と若鷹の好投に目を細めた。

指揮官が称賛する嘉弥真、「一番しびれる場面でよく抑えてくれた」

 そして指揮官が最も称賛したのが、満塁のピンチで2日連続見事な火消しを果たした嘉弥真新也だ。

「一番しびれる場面でよく抑えてくれた。あそこが一番大きな仕事。しっかりと右打者のインサイドにスライダーを投げきれた。投げきれるというのはコントロールに自信があるということ」

 チームは4連勝で貯金は今季最多の21。楽天と0.5ゲーム差として首位決戦に臨むことになった。それでも指揮官は「あくまでも目の前のカードの勝ち越しが目標なんで、それができるようにがんばります」と、これまでどおりの姿勢を貫くつもりだ。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:6/30(金) 9:14
Full-Count