ここから本文です

架空の外注費で脱税 社長ら刑事告発

6/30(金) 19:36配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

マンションや老人ホームの建設で業績を伸ばしていた会社と社長が、およそ2億1,000万円の所得を隠し脱税した疑いで、東京国税局から刑事告発された。
告発されたのは、神奈川・川崎市の「レザ工務店」とシャラザッドガヴガニ・レザ社長(54)。
シャラザッドガヴガニ社長は、経理担当者にうその明細書を作らせ、架空の外注費を計上するなどの手口で、およそ2億1,000万円の所得を隠し、法人税5,700万円余りを脱税した疑いが持たれている。
脱税した金は、貸金庫に保管するなどしていたとみられ、シャラザッドガヴガニ社長は「すでに修正申告し、納税済みです」とコメントしている。

最終更新:6/30(金) 19:36
ホウドウキョク