ここから本文です

非鉄上場大手、株主総会ピーク 海外事業など質疑 働き方改革にも関心

6/30(金) 14:38配信

日刊産業新聞

 製錬、電線、軽圧、建材など、3月期決算の上場非鉄大手各社の株主総会が今月半ばから始まり、29日にピークを迎えた。直近の事業環境としては、各社のグローバル化が一段と進展していることなどから、海外事業の状況などに関する質問や、国による働き方改革推進の流れを踏まえ、女性活躍を含めた働き方改革に対する関心の高さが今年の新しい傾向として目立った。そのほか、業績・配当に関するものや金属・為替相場見通し、各社の独自製品などについても、それぞれ質問が出された。

最終更新:6/30(金) 14:38
日刊産業新聞