ここから本文です

被災経験女性が語る“今伝えたいこと” 「これくらいの揺れだったら大丈夫」は危険

6/30(金) 17:00配信

AbemaTIMES

 毎年、震度5以上の地震が発生している地震大国日本。阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震。大震災が起こるとき女性ならではの苦労やトラブルがあった。女性にとって本当に必要な震災への備えとはいったい何なのか。

 SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では、「女たちの大震災」をテーマに当事者が赤裸々に語った。

 2011年に東日本大震災で津波に流されそうになりながらも九死に一生を得た山本美穂さんは、大きな震災を経験したものの時間が経つにつれて震災への意識が薄れてきているという。

 「これくらいの揺れだったら大丈夫だっていうのがしみついちゃって、防災グッズも用意しなくなってきている。実際に被災に遭っていてもそうなので、自分や子どもを守るための防災リュックだけはきちんと用意しておいてほしい」と話し、防災リュックの重要性について説いた。

 一方で「近所の人と仲良くしておくべき」と話すのは、2016年熊本地震で被災、翌日から被災者に離乳食を配るボランティア活動を行った相藤春陽さん。日頃から近所付き合いをよくしておくことで、被災に遭った際も少しの間子どもをお願いすることができると説明した。

 これには1995年の阪神淡路大震災を経験した黒田真知子さん(仮名)も同意。「神戸の場合は生き埋めもあったので特にそうでした。近所付き合いがしっかりしていると“ここはもうひとり子どもがいる”って助けにきてくれる」と説明。

 震災時に必ずしも母親が無事で意識があるかどうかわからない。そんなときにでも近所の人が子どもの存在を覚えてくれていれば、助けてもらえる鍵になるのではと分析した。

(AbemaTV/『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』より)

最終更新:6/30(金) 17:00
AbemaTIMES