ここから本文です

大坂被告起訴...警視総監が献花

6/30(金) 9:31配信

ホウドウキョク

46年前に警察官を殺害した疑いで逮捕された過激派・中核派の大坂正明被告(67)が28日に起訴されたのを受け、警視庁の沖田芳樹警視総監が、慰霊碑に献花した。
大坂被告は、1971年の渋谷暴動事件で、当時、警備にあたっていた新潟県警の中村恒雄警部補(当時21)を殺害した罪などで、28日に起訴された。
沖田警視総監は29日午後、東京・渋谷区の事件現場近くに設置された中村警部補の慰霊碑に献花した。
沖田警視総監は、「故中村警部補が示された崇高な使命感と、その尊い犠牲を決して忘れることなく、これからも全国警察と緊密に連携し、各種事件の検挙、事案の未然防止に全力で取り組んでまいります」と述べた。
大坂被告は、一貫して黙秘していて、弁護団は、「徹底して無罪を争う」としている。

画像つきで記事をみる

最終更新:6/30(金) 9:31
ホウドウキョク