ここから本文です

出光、株主総会で現経営陣を再任

6/30(金) 10:42配信

ホウドウキョク

社長など現経営陣の再任が可決された。
株主は、「消費者のため、お客さまのために、どうしたらいいか、もう一度、謙虚に考えて。(経営統合は)1つの選択肢としていい」と話した。
昭和シェル石油との経営統合を進めたい出光興産は29日午前、都内で株主総会を開き、創業家の出光昭介名誉会長らが反対意見を表明する中、議案の通り、月岡 隆社長ら取締役5人の選任議案が可決された。
月岡社長は終了後、「昭和シェル石油との経営統合は、全てのステークホールダーの利益になると確信しており、引き続き、創業家の皆さまに対して真摯(しんし)に、丁寧に統合の意義を説明していきたい」とのコメントを出した。
一方、創業家の代理人は、「経営統合の撤回を目指して、創業家は引き続き活動を続ける」との意思を表明している。

画像つきで記事をみる

最終更新:6/30(金) 10:42
ホウドウキョク