ここから本文です

過労で自殺...84人労災認定

6/30(金) 23:21配信

ホウドウキョク

2016年度の1年間に、過労による自殺などで労災認定された人は、84人だったことがわかった。
厚生労働省によると、2016年度の1年間に、過労により、うつ病など精神障害を発症し、労災が認定されたのは、498人と過去最多となった。
自殺や自殺未遂で、労災認定された人は84人で、うち半数以上の人で、1カ月の平均残業時間が100時間を超え、160時間を超えている人も19人いたという。
労災認定された84人には、大手広告会社「電通」で、長時間労働の末自殺した、高橋 まつりさんも含まれている。
まつりさんの母・幸美さんは「これほど多くの人が、仕事が原因で命を落としたり、健康を損ねてしまう事実は、本当に悲しいことです」とコメントを寄せている。

画像つきで記事をみる

最終更新:6/30(金) 23:21
ホウドウキョク