ここから本文です

中間報告で「安全確保が不十分」

6/30(金) 23:55配信

ホウドウキョク

安全確保が十分でなかったなどとした、中間報告が公表された。
栃木・那須町で、登山講習に参加した高校生ら8人が、雪崩に巻き込まれ死亡した事故の中間報告では、講習会の計画は、安全確保について、十分な検討が行われたとは言いがたいと指摘。
また、訓練の内容を朝になり、急きょ変更したことについて、雪山登山の危険性などを十分に認識したうえのものでないなどと批判している。
さらに、雪崩発生直後の対応について、講習会本部の教員が、無線機を常に携行していなかったことが、救助要請の大幅な遅れを招いたなどと指摘している。
最終報告は、9月に取りまとめられる予定。

画像つきで記事をみる

最終更新:6/30(金) 23:55
ホウドウキョク