ここから本文です

田臥勇太の栃木残留が決定、在籍10シーズン目の来季も「一緒に戦ってください」

6/30(金) 16:13配信

バスケットボールキング

 栃木ブレックスは6月30日、田臥勇太と2017-2018シーズンの選手契約が基本合意に至ったことを発表した。

 現在36歳の田臥は、秋田県立能代工業高校時代に史上初となるインターハイ(全国高等学校総合体育大会)、国体(国民体育大会)、ウィンターカップ(全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会)の3大タイトルを3年連続で制覇し、卒業後はNCAA2部のブリガムヤング大学ハワイ校へ留学した。2002年には当時NBL所属のトヨタアルバルク(現アルバルク東京)に入団し、2003年からは再び海外でプレー。翌年にはNBAのフェニックス・サンズと契約し、日本人初のNBA選手となった。栃木にはJBL時代の2008年から所属し、今季はチャンピオンシップを含む計65試合に出場して通算793得点(1試合平均7.1得点)217アシスト(同3.3アシスト)をマークし、チームのB1リーグ優勝に大きく貢献した。
 
 来シーズンで在籍10年目を迎える田臥は「チームメイトをはじめこのチームに関わる全てのスタッフ、そして自分達を応援してくれているファンの皆さんと共に、昨シーズン以上に力を合わせ連覇という新たな目標に向かい全力でチャレンジしていきたいと思います。皆さん、来シーズンも僕らと一緒に戦ってください」とコメントした。

 なお、栃木は30日時点で竹内公輔、ジェフ・ギブスら計8選手との契約継続を発表。一方、渡邉裕規の現役引退、須田侑太郎の琉球ゴールデンキングスと熊谷尚也の大阪エヴェッサ移籍を発表している。

BASKETBALL KING