ここから本文です

京都のスタバ茶屋、実現に地域の責任

6/30(金) 16:30配信

Lmaga.jp

「スターバックスコーヒー」としては世界初となる、畳の間でコーヒーを楽しめる店舗「スターバックス 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」が、6月30日にオープンした。

【写真】世界初、暖簾を出した「スターバックス 京都二寧坂ヤサカ茶屋店」

店舗がある二寧坂は「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されており、地元の住人による地域組織「一念坂、二寧坂 古都燃ゆる会」も積極的に活動している。「二寧坂の景観や文化を守り伝えていきたい。そして、守るだけでなく、海外ツーリストを含む多くの観光客をどうもてなすかも課題です」と同会会長の島田耕園さん。スターバックスも今回、二寧坂に出店するにあたり、地域の一員として責任を担い、地域社会や環境に寄り添う店造りを一番に考えたとのこと。店内混雑時には入場を制限することもあるが、近隣や通行人に配慮して、店舗前に行列を作ることはしない。地域社会や環境に寄り添う店にするためには、お客側の協力もあってこそだ。

「京都二寧坂ヤサカ茶屋店」は築100年を超える2階建ての日本家屋。外観にはまったく手を加えず、入口にスターバックスのロゴをあしらった暖簾と、2階部分に小さな看板があるだけという控えめなたたずまい。知らずに通れば、ここがスターバックスとは気づかないほどだ。スターバックスのデザインチームに京都の町家再生を手掛ける建築家を迎え、内装でも、歴史ある日本家屋のしつらえをできるかぎり保存した。そんな京都の文化や伝統とスターバックスのコーヒー文化を融合させた空間が見どころだ。

取材・文・写真/天野準子

最終更新:6/30(金) 16:30
Lmaga.jp