ここから本文です

【沖縄タイムス・松田興平の映画コレ見た?】 「ドッグ・イート・ドッグ」 男3人めくるめく暴力 潔いほど救いなし

6/30(金) 22:10配信

沖縄タイムス

 簡単に人間の頭を銃で打ち抜く。ギャングの仕事を引き受け、報酬で麻薬を楽しみ、女性を買う。男3人のめくるめく暴力。サイケデリックな演出がスクリーンに怪しげな色彩を与え、作品の危うさを際立たせる。

 刑務所から出所したトロイ(ニコラス・ケイジ)は仲間である薬物中毒のマッド・ドッグ(ウィレム・デフォー)とディーゼル(クリストファー・マシュー・クック)と再会、3人はギャングから誘拐の仕事を依頼される。計画はスタートからつまずき、短絡的な前科者たちは暴力を重ねて傷口を広げていく。

 映像が見もの。薬物吸引シーンではトリップ中の視界を再現しているのだろうか画面がねじれ、色が荒れ狂う。監督は「タクシー・ドライバー」の脚本を担当したポール・シュレイダー。潔いほど救いなし。(学芸部・松田興平)

 ◇ミハマで上映中。R18+(18歳未満入場不可)指定。

最終更新:6/30(金) 22:10
沖縄タイムス