ここから本文です

DeNA・ラミレス監督が明かす“勝率5割以上”に必要なこと

6/30(金) 11:00配信

ベースボールキング

 現在34勝35敗2分で3位のDeNA。3位につけるDeNAだが、広島、阪神とのゲーム差を縮めるためにも、勝ち星を積み重ねていく必要がある。

 ラミレス監督は、勝率5割以上を目指すために必要なことについて、28日の試合前練習後に「5人のローテーションピッチャーをしっかり確立することが必要だ」と挙げる。

 DeNAの先発ローテーションを見ると、左肘痛から6月13日のロッテ戦で復帰した開幕投手の石田健大、規定投球回に到達している今永昇太と井納翔一、チーム最多の5勝を挙げる浜口遥大と4人いるが、5番手以降が手薄な印象だ。

 ラミレス監督は先発ローテーションを5人にすることで、「5連勝、6連勝が可能です。(先発を)5人確立するとしっかりゲームを勝っていける」と説明した。

 気になる5人目の先発候補については「現状では久保、熊原、平良、故障しているウィーランドになっていきます」と名前を挙げた。「ただ久保、熊原、平良は5イニングで、3、4点取られてしまう」と不安定な面があると指摘する。

 ラミレス監督は「浜口のように四球を与えても、6回2失点に抑えてくれるようなピッチャーを必要としています。5回で降板してしまうと、リリーフに負担がかかってしまう」と先発5番手候補たちに、粘り強い投球を求めているようだ。

 先発防御率はリーグワーストの3.93のDeNA。勝率5割以上を記録するためにも、先発陣の確立がカギを握りそうだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報