ここから本文です

スーパーGT再ドライブのジェンソン・バトン「スーパーGTのオーバーテイクはリスクが必要。でもそれが面白い!」

6/30(金) 21:02配信

オートスポーツweb

 6月30日から鈴鹿サーキットで開幕したスーパーGT公式テスト。第6戦鈴鹿1000kmを見据えてのテストとなるが、この2日間、MOTUL MUGEN NSX-GTの第3ドライバーとして登録されているジェンソン・バトンがふたたびテストに参加している。6月6~7日のメーカーテスト以来となるGT500マシンのフィーリングとスーパーGTへの感想を、走行後バトンが語った。

【MOTUL MUGEN NSX-GTをドライブするバトン】

 今季はF1モナコGPにフェルナンド・アロンソの代役としてマクラーレン・ホンダを駆り参戦したバトンは、その後スーパーGT第6戦鈴鹿への参戦が決定。メーカーテストでMOTUL MUGEN NSX-GTの初ドライブを果たしたが、走行時間の不足やGT300のトラフィックへの習熟が足りないとして、当初予定になかった公式テスト参加が決まった。

 公式テスト初日のバトンは、フルウエットとなった午前こそドライブする機会はなかったが、ドライに転じた午後は、前回契約上の関係で着られなかったロゴ入りのスーツに身を包み、セッション途中から2時間ほどという長い時間をドライブした。

「前回のテストのときは何周か乗って、何周か休んでの繰り返しだったけど、今回は長時間にわたって走行することができた。最後の占有走行の時は、いいアタックができたけど、最後のセクションでミスをして、コンマ何秒かロスをしてしまった。ただ、確実にコンペティティブだし、前のテストのときよりも前進しているところもあるよね。自分の自信にもつながっているよ。まだまだやらなくてはならないことはあるが、確実に進歩している」と走行を終えたバトンは語った。

 今回バトンは、トラフィックの処理を自らの課題にもしていたが、これについては「思っていたよりも悪くない状況だったね」という。ただ、今回は公式テストでレース同様の台数はいたものの、各車がアウト~インを繰り返しており、レースほどのトラフィックはできていなかった。バトン自身も「レースになると抜くのがもっと難しいだろうと思う」という。

「ただ、なかには抜くのが簡単だったマシンもいれば、難しいマシンもあったんだ。特にGT300のGT-R(ニッサンGT-RニスモGT3)は、その速さに本当に驚いた。うしろについても全然抜けない。向こうはABSが付いているからかなりレイトブレーキングができることもあり、なかなか抜くことができないという状況があったんだ」

「でもレースはエキサイティングで面白いものになるだろうと思っているよ。ル・マンでは、GTカーとほかのマシンの差が大きくて抜きやすく、面白くない部分がある。だけどスーパーGTはなかなか抜けないし、それが面白い。スーパーGTの場合は、オーバーテイクにはリスクが絶対に必要だね。でもそれがいいんだ!」

 また、今回はさらにピットストップの練習も実施。これまでF1をドライブしていたバトンにとっては、未知の領域だ。GTカーでのピットインは「GTの方が簡単だと思う。前にボードを持った人が立っているし、そこにラインが入っているので、そのラインでどこにいったらいいのかはっきり分かる」というが、問題はドライバー交代だ。

「やるべきことがすごく多いよね。まずクーリングを外して、無線のジャックを外して、ドリンクボトルを外して、シートベルトを緩めて……という作業がある。それを覚えるのが少し大変だね」

「ただ、ドライバーの交代自体は本当に簡単で、あとはメカニックがやってくれる。ステアリングを外して、それで僕は飛び降りるようにマシンから出れば、あとはメカニックがやってくれるから」

 この一日で、レギュラーのふたりよりも多い36周をこなしたバトン。「今日十分走れて、マシンに対する信頼感が得られた。もし明日もドライであればもっと走りたいよ」とまだGT500への探究心は留まらない。

「チームの雰囲気もとてもいいんだ。明日も走るのであれば、武藤サン、中嶋サンという経験豊富なふたりと、お互いの走行、タイムを比較しながら走りたいね」

[オートスポーツweb ]