ここから本文です

残雪多め、登山客まばら 白山、あす夏山開き

6/30(金) 1:34配信

北國新聞社

 開山1300年の白山で、夏山開きを間近に控えた29日、御前峰(ごぜんがみね)山頂(標高2702メートル)に近い室堂ビジターセンターの周辺には、例年より多い雪が残っていた。節目の年とあって、30日は昨年の3倍近い約450人がセンターに宿泊予約をしているが、29日の宿泊者は10人足らずで、「嵐の前の静けさ」となった。

 山頂では午前4時半すぎ、山と雲の間から一瞬、昇り始めた太陽がのぞいた。朝方は薄曇りで雲の合間から時折日が差し、ぽかぽかした陽気だったが、昼前から断続的に雨が降り、山頂はたびたび濃い霧に覆われた。残雪のせいか、天候のせいか、日帰りの登山客は20人弱とまばらだった。

 30日、1日はいずれも曇りで雨が降るとの予報が出ており、御来光は望めそうもない。一足先に訪れ、記念の年に御来光を拝むことのできた幸運をかみしめた。

北國新聞社

最終更新:6/30(金) 1:34
北國新聞社