ここから本文です

差別発言の京都DF吉野、3試合出場停止&罰金15万円の処分に

6/30(金) 0:09配信

ゲキサカ

 日本サッカー協会(JFA)は29日、今月21日に開催された第97回天皇杯全日本サッカー選手権2回戦・京都サンガF.C.対アスルクラロ沼津で、京都DF吉野恭平が相手選手に差別的な発言を行ったことに対し、処分を科すことを発表した。

 天皇杯大会規律委員会は、同選手の発言が公益財団法人日本サッカー協会競技および競技会における懲罰基準3-5.(1)『差別―人種、肌の色、性別、言語、宗教、又は出自等に関する差別的あるいは侮辱的な発言又は行為により、個人あるいは団体の尊厳を害した場合』に該当すると判断。3試合の出場停止と罰金15万円の処分を科すことになった。

 なお、吉野が所属する京都はすでに天皇杯で敗退しているため、出場停止はJ2リーグで消化されるという。対象試合は、7月1日のJ2第21節・ザスパクサツ群馬戦、7月9日のJ2第22節・FC岐阜戦、7月16日のJ2第23節・徳島ヴォルティス戦となっている。

最終更新:6/30(金) 8:44
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合