ここから本文です

飛行機事故のシャペコエンセがバルサと親善試合、浦和とのスルガ銀行杯出場も改めて表明

6/30(金) 0:42配信

ゲキサカ

 バルセロナは28日、8月7日に開催されるジョアン・ガンペル杯で昨年11月の飛行機墜落事故で被害を受けたシャペコエンセと対戦することを発表した。

 ジョアン・ガンペル杯は毎年8月にバルセロナの本拠地であるカンプ・ノウスタジアムにて開催される親善試合で、スペイン国内外からクラブを招待して行われている。この親善試合には飛行機事故の犠牲者71人への追悼の意味合いも含まれており、バルセロナはシャペコエンセの組織的、またスポーツ面での再構築を支援する意思も表明した。

 また、ブラジル『グローボ』によると、シャペコエンセは8月15日に行われる『スルガ銀行チャンピオンシップ 2017 SAITAMA』への参加も決定したようだ。スルガ銀行チャンピオンシップはコパ・スダメリカーナの王者が出場権を得ることができるが、昨年の決勝直前の飛行機墜落事故により、アトレティコ・ナシオナルが優勝を譲る形でシャペコエンセが出場権を獲得。その後、出場辞退も報じられたシャペコエンセだったが、このたび改めて正式に表明する形となった。同大会では昨季のルヴァン杯王者浦和レッズと対戦する。

最終更新:6/30(金) 0:42
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合