ここから本文です

米銀株の時価総額が250億ドル拡大-FRBが「宝箱」開けたとの指摘

6/30(金) 8:59配信

Bloomberg

29日の米株式市場で、主要米銀行の株価時価総額が250億ドル(約2兆8000億円)余り増えた。米連邦準備制度理事会(FRB)実施の銀行ストレステスト(健全性審査)に全行が合格し、予想以上に大きな増配や自社株買いに道が開かれたことが好感された。

ウェルズ・ファーゴ株は2.7%高、シティグループ株は2.8%高でそれぞれ同日の取引を終了。リージョンズ・ファイナンシャルやキーコープも上げ、KBW銀行株指数は約3カ月ぶり高水準に達した。S&P500種株価指数は0.9%安となったものの、金融株は業種別で上昇率1位だった。

コンパス・ポイント・リサーチ・アンド・トレーディングのアナリスト、スコット・バレンティン氏は株主還元「大幅強化にFRBがお墨付きを与えた」として、「キャピタルリターンの宝箱をFRBが開けた」と述べた。

2008年の金融危機後に始まったFRBの銀行ストレステストに全行が合格したのは今回が初めて。結果後にJPモルガン・チェースとシティグループ、バンク・オブ・アメリカ(BofA) が発表した株主還元措置の規模はアナリスト予想を超えた。

1行だけ条件付きの合格となったキャピタル・ワン・ファイナンシャルの株価は1.8%下げた。同行の向こう1年の自社株買い計画は前年と比べ30%縮小している。

原題:Banks Add $25 Billion in Value as Fed Opens ‘Treasure Chest’ (1)(抜粋)

Yalman Onaran, Dakin Campbell, Jennifer Surane

最終更新:6/30(金) 8:59
Bloomberg