ここから本文です

「もっと儲けさせろ!」 みずほFG株、メガバンク最低に湧き起こる株主の怒り

7/1(土) 9:00配信

J-CASTニュース

 経営不振に陥っている東芝、経営破たんしたタカタはもちろん、不正会計などの問題を引き起こした企業のような「荒れる」株主総会が年々減るなか、みずほフィナンシャルグループ(FG)の定時株主総会で、経営陣に緊張が走った場面があった。

 質疑応答に立った、ある初老の男性株主が、佐藤康博社長・グループCEOに、株価低迷を理由に「辞めろ!」と迫った。その株主は終始落ち着き、穏やかな口調だったものの、辛らつな言葉を投げ続けた。

■食い下がる株主が漏らした「あなた、そろそろ......」

 2017年6月23日、東京・有楽町の国際フォーラムで開かれた、みずほFGの第15期定時株主総会に、佐藤康弘社長・グループCEOは紺色のスーツに、株主総会や新入行員を迎える入行式など「ここぞ」というときに決まって着ける、赤い「勝負」ネクタイで登壇した。

 出席した2523人の株主を前に、佐藤社長は事業報告を説明したほか、議案を順調に消化。ほどなく質疑応答に入った。

 会場がわずかにざわついたのは、8人目に質問に立った男性株主が、「株価」について質したときだった。「株価を上げる、具体的な方針を聞かせてほしい」と聞いた株主。

 佐藤社長は、「株価は(みずほの)業績に加え、経済全般の状況や規制の動向、市場参加者の考え、動向など、さまざまな要素で変動していくものと認識しており、経営としては、そうした中で市場価値を高めていく努力をしてまいりたい」と説明したが、そこに具体策はなかった。

 型どおりの答えに、株主は「中核的自己資本が他のメガバンクと比べて低い。それをどうするのか、具体策を示してもらいたい」と食い下がる。

 佐藤社長は、現在進めている「中期経営計画にしっかりと取り組んでいく。これに尽きる」と強調したうえで、「配当を維持しつつ中核的自己資本の積み上げといった財務目標の達成を目指すと共に、IR活動にも経営陣が先頭に立って注力していくことで、市場の評価を高めていきたいと考えている」と述べた。

 この答えに、

  「佐藤さん、あなた、そろそろお辞めになったらどうですか」

 そう漏らした株主の声に、静まり返っていた会場に、パラパラと拍手が起こった。

1/2ページ

最終更新:7/3(月) 13:26
J-CASTニュース