ここから本文です

フィリピン映画が注目度上昇中!“第3黄金期”の最先鋭監督とは?

7/1(土) 14:30配信

cinemacafe.net

昨年の第69回カンヌ国際映画祭において、フィリピン映画界に世界三大映画祭初の主演女優賞をもたらした『ローサは密告された』が、7月29日(土)より日本公開される。ここ数年、世界各地で勢いをみせるフィリピン映画。実は日本でも、今年はフィリピン映画の公開ラッシュ! そこで、同作でメガホンをとったフィリピン映画界の最先鋭ブリランテ・メンドーサ監督に注目した。

【画像】フィリピン映画『ローサは密告された』ポスタービジュアル

●日本でもフィリピン映画が続々公開!
まず筆頭は、1月に公開された浅野忠信主演『壊れた心』(フィリピン=ドイツ合作)。ウォン・カーウァイ作品で知られるクリストファー・ドイルが撮影監督を務め、監督はフィリピンの鬼才ケヴィン・デラクルーズ。第27回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、審査委員長だった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガンからは「ひとりの監督として刺激を受けた」と評された。

続いて、7月22日には第29回東京国際映画祭にて最優秀男優賞と観客賞をW受賞したジュン・ロブレス・ラナ監督『ダイ・ビューティフル』、夏には浅野さんの盟友・長谷井宏紀監督による『ブランカとギター弾き』、今秋にはラヴ・ディアス監督『the woman who left』(原題)といったフィリピン映画が連続公開。中でも、「the woman who left」は昨年のヴェネチア国際映画祭で金獅子賞(最高賞)を獲得、『ローサは密告された』のカンヌ・主演女優賞受賞もあり、2005年より始まったフィリピン映画の「第3黄金期」は、いままさに全盛期。ちなみに、アメリカに影響を受けた娯楽映画が撮影所で大量生産された1950年代を「第1黄金期」、マルコス独裁政権下にも関わらず強烈なプロテスト精神を詰め込んだ作品が世に出された1970年代を「第2黄金期」と呼ぶ。

●メンドーサ監督が第3黄金期の最先鋭といわれるワケ
2005年が第3黄金期のはじまりといわれる理由の1つは、現在のフィリピン映画界を牽引しているブリランテ・メンドーサ監督が『マニラ・デイドリーム』でデビューした年であること。もう1つは、「シネマラヤ映画祭(英語表記:Cinemalaya Independent Film Festival)」という若手映画人を支援する映画祭が始まった年であることが挙げられる。その後もインディペンデント映画の製作を援助する映画祭が多数行われるようになり、若手映画監督たちが映画を製作する土壌が作られていった。

2015年にはメンドーサ監督の声掛けで、「シナグ・マニラ映画祭」という若手育成のための映画祭も開催されている。また、フィリピンを代表する大スターなどが若手作品にこぞって出演するなど、メジャー作品とインディーズ作品の境界が曖昧となり、「メインディーズ」という言葉も生まれるほど。それが「第3黄金期」の特徴だ。

現在のフィリピンの映画制作は、最先端で活躍している現役の監督が若手の面倒をみる、といった流れにより培われ、発達を遂げている。例えば、レストラン経営もしているメンドーサ監督は、映画の勉強をしたい者をその店で住み込みで雇い、現場の撮影スタッフにも起用しながら、実地で映画撮影を学ぶ場を与えている。その結果か、『バードショット』のミカイル・レッド監督は、24歳にして東京国際映画祭の「アジアの未来」部門作品賞に輝くなど、若手監督が世界でも続々と注目を集めている。

●美術監督から45歳で映画監督デビュー!異色の経歴で世界を席巻
本作『ローサは密告された』では、マニラのスラム街で小さな雑貨店を家族で経営しているローサが、家計のために少量の麻薬を扱っていたことから、ある夜、密告を受けて夫婦で逮捕される。麻薬売人の密告要求、高額の保釈金…警察からの要求もまた恐喝まがいの中、ローサたちは、彼らなりのやり方で横暴な警察に立ち向かっていく――。

大学で広告美術を学び、プロダクションデザイナーとしてキャリアをスタートさせたメンドーサ。もともと映画監督になる夢は持っていたが、チャンスはなかった。それが45歳のときに友人に誘われ、初めて手掛けた長編映画『マニラ・デイドリーム』で、一気に映画監督としての才能を開花させた。2008年に製作した『サービス』は、フィリピン映画としては24年ぶりのカンヌ国際映画祭コンペ出品作となった。

続く『キナタイーマニラ・アンダーグラウンドー』でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞、さらに『グランドマザー/ばあさん』はヴェネチア国際映画祭コンペ出品、『囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件』はベルリン国際映画祭コンペ出品と、なんとデビューから7年で世界三大映画祭すべてのコンペ部門出品という快挙を果たす。そして、カンヌ3度目のコンペ作品となった本作では、主人公ローサを演じたジャクリン・ホセにカンヌの主演女優賞をもたらし、その歴史を塗り替え続けている。

これだけ海外映画祭で評価される理由の1つは、メンドーサ作品の特徴でもある早撮りにあるという。メンドーサ監督は入念にリハーサルを行い、信頼できる少数のスタッフのみで素早く撮影を行う。そのため、撮影日数は非常に短い。手持ちカメラによる撮影は、スラム街の狭い路地を縦横無尽に駆け巡り、その強度は他に類を見ない。その結果、2005年のデビューから現在に至るまでの12年間に、長編だけで13本の作品を生み出すことができた。

また、“ノイズ主義”と呼ばれる、音の構成も彼の作品特徴のひとつ。登場人物たちの会話が聞き取りづらくなるほどに、街の雑踏や、登場人物を取り巻く環境音を現実そのままに取り入れるのだ。エネルギッシュな“街”の現実を切り取る説得力を持った作風を、すでに確立しているといえる。

●タランティーノもイザベル・ユペールもその才能を絶賛!
『サービス』がコンペに出品されたカンヌ国際映画祭で審査委員長だったショーン・ペンは、本編上映後にメンドーサに駆け寄り、称賛を贈るという感動的な場面があった。『キナタイ-マニラ・アンダーグラウンド-』では、映画を観たクエンティン・タランティーノが「非凡な映画だ!」とベタ褒め。『囚われ人 パラワン島観光客21人誘拐事件』に出演したイザベル・ユペールも、「彼はとても力強い世界観を持っていて、それは彼の映画を観れば明らかよ。私は、そんな彼の宇宙を探検してみたいと思ったの」と自らメンドーサ監督作品への参加を熱望したことを激白。

そして『ローサは密告された』ではた批評家たちが「この作品の演技は助演レベルではないか?」と批判したことに対し、審査員であったドナルド・サザーランドは「彼女の演技は超一流なものだ!」と擁護、アルノー・デプレシャン監督も「彼女に心動かされた」と賛同し、マッツ・ミケルセンも「絶対的に美しい主演女優によるパフォーマンス!」と褒め称えた。同じく審査員だったキルステン・ダンストは、授賞式でのホセのスピーチ中にも感涙していたが、その後ホセと会話を交わし、本作のラストシーンに感動して涙したことを語ったという。

さらに、昨年の東京国際映画祭で共に映画づくりを行った行定勲監督は「いま撮りたいことを、全スタッフで作り上げていることが画から伝わる」と本作を絶賛。世界中の映画人が称賛し、その才能に嫉妬する、メンドーサ監督の最新作は見逃すわけにはいかない。

『ローサは密告された』は7月29日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開。

最終更新:7/1(土) 14:30
cinemacafe.net