ここから本文です

「スーパーマラドーナ」武智、ノンスタ井上の当て逃げ事件同乗の経緯を語った!

7/1(土) 6:05配信

スポーツ報知

 お笑いコンビ「スーパーマラドーナ」が30日放送のフジテレビ系「下がり上がり」(金曜・後11時)に出演し、昨年12月「ノンスタイル」井上裕介(37)が起こした当て逃げ事件に同乗していた武智(38)が語った。

【写真】当て逃げ事件で謹慎していたノンスタ・井上

 M―1のファイナルに残り、仕事が急増したと話す武智は、その1週間後、「ノンスタイル」井上が起こした当て逃げ事件に同乗「東京での収録が終わりまして、田中と僕とマネージャーでタクシーに。僕(体の)半分乗ってたんです。そのところで『久しぶり』って言われて…」と同乗するまでのいきさつを説明した。

 さらに「前日にウーマンラッシュアワー村本の番組に呼ばれて、僕とナイツ塙、ノンスタイル石田と村本で、お酒を飲みながらガチトークをする。漫才について。その時石田が『正直悩んで最近』って言い出して『井上がちゃんと漫才せいへんねん』って言いましてどうしようかってなったんです。みんな『それはあかん』ってなって…次の日に会ったんです…」と当時、同期芸人を思い仕事終わりにもかかわらず井上の車に乗った時の心境を語った。

 MCの陣内智則(43)が「当たってどうだったの?」と問うと、「『当たったんちゃう?』って。僕も驚いたので。そしたら井上が『えっ?』って言ったんです。気が付いていないのかなって思って…赤信号で止まったんです。『1回降りた方がいいんちゃう?』って言ったら、そのタクシーの方も後ろに付いたんですが、降りてこなかったんです。それを見て井上が『降りてこないから当たってへんちゃうか?』って感じになって…ホンマの事言ったらならサイドブレーキ引いてでも…」と後悔の念を口にした。

最終更新:7/1(土) 8:15
スポーツ報知