ここから本文です

<速報>阪神がドラ1大山のプロ初安打初本塁打で連敗「8」で止める

7/1(土) 17:07配信

THE PAGE

阪神ーヤクルト戦が1日、甲子園で行われ、阪神がドラフト1位の大山悠輔(22)のプロ初安打が先制3ランとなる一発などで主導権をつかみ、3-1でヤクルトを下して連敗を「8」で止めた。阪神の新人の初安打初本塁打は八木裕以来、30年ぶりの快挙。

 本拠地の甲子園で「5番・一塁」のスタメン初抜擢を受けたドラ1の大山がチームの危機を救った。
 1回、2回と、三塁まで走者を進めながら後1本が出ずに嫌なムードが漂っていたが、三回二死二、三塁からヤクルトの先発、原の外角への145キロのストレートを大山がフルスイング。ややバットの先っぽに見えたが、打球はレフトスタンドの最前列へ。プロ初ヒットが先制の3ランに変わった。4番の福留が空振りの三振に倒れた直後の価値ある一発。金本監督もベンチの手すりをガツンと叩いて喜びを表現した。8連敗中、本塁打が1本もなかったチームにとっても待望の本塁打だった。

「1打席目もそうでしたが、チャンスでつないで回ってきた打席だったので、ファーストストライクから積極的に行こうと思っていました。ヒットが出たとか、ホームランになったことより、大事な場面でチームのために先制打を打てたことが一番です」とは、大山の試合中コメント。

 一方、先発の能見は、降雨ノーゲームで負け投手とならずに済んだラッキーな広島戦以来のマウンド。4回、山田にレフトポール際に11号ソロを浴びたが、6回を3安打、この1失点だけに抑える好投で、7回からは桑原にバトン。「いつも通り役目を果たすことに集中した。四球出さないことで自分のピッチングができた」と、無四球の能見は満足そうな表情。

 2番手の桑原は、先頭のバレンティンに三遊間ヒットを打たれたが、一死から大引を二ゴロ。上本は併殺を狙いにいったが、バレンティンがセカンドのベースカバーに入った糸原の足にむかってスライディングを敢行したため、糸原は足をすくわれて転倒、一塁への転送ができなかった。今季から危険な併殺崩しのプレーが禁止されているため、上本が抗議。金本監督も映像によるリプレー検証を要求した。審判団はこれを受け入れてビデオ検証を行い、バレンティンの走塁を守備妨害と認定、併殺打が成立してバレンティンに対しては警告が出された。

 執念の抗議でピンチを乗り越えた阪神は8回をマテオ、9回はドリスの必勝リレーで2点のリードを守りきり、6月16日の交流戦の楽天戦以来の白星、後半戦再開後、初勝利で連敗を脱出した。
 

1/2ページ

最終更新:7/1(土) 21:43
THE PAGE