ここから本文です

宮里藍が62位で薄氷の予選通過 野村敏京は15位に急浮上

7/1(土) 10:28配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇海外女子メジャー第2戦◇KPMG女子PGA選手権 2日目(30日)◇オリンピアフィールズCC(イリノイ州)◇6588yd(パー71)

【画像】国内女子、新ヒロインは8頭身の女子大生

11位から出たキム・セヨン(韓国)とダニエル・カンがともに「66」でプレーして通算7アンダーとし、首位に並んでトーナメントを折り返した。

首位と1打差、通算6アンダー3位にエイミー・ヤン、イ・ミヒャン、チェ・チェラの韓国勢ほか、ジョディ・ユワート・シャドフ(イングランド)、ブリタニー・リンシコムら5選手。世界ランク1位のユ・ソヨン(韓国)は「68」でプレーして、11位から8位に順位を上げた。

67位から出た野村敏京は1イーグル、3バーディの「66」でプレーして通算3アンダー15位に浮上。5月の引退表明後初めての海外メジャー参戦となる宮里藍は「72」でプレーして、カットライン上の通算2オーバー62位で予選通過を果たした。

横峯さくら、上原彩子は通算6オーバー104位、自身初の海外メジャーに挑んだ畑岡奈紗は通算8オーバー123位で予選落ちした。