ここから本文です

豊田議員の暴言騒動で「ハゲ芸人」特需!? 番組で直接対決も

7/1(土) 11:02配信

東スポWeb

 まさかこんなコトになるなんて…。暴言&暴力女王・豊田真由子衆院議員(42)の「このハゲーーーッ!」という絶叫音声が連日ワイドショーをにぎわせている事態が、あまりに想定外の形で芸能界に波及した。騒動が勃発して以降、突如としてハゲタレントの番組ブッキングが激増しているのだ。このままの勢いだと2017年の下半期は「ハゲイ(芸)人軍団」が席巻する可能性すら出てきた!?

「ここ最近、番組制作会議の場では必ずと言っていいほど、ハゲたタレントや芸人の名前が挙がるようになっているんです。今はハゲた人は“旬”で、『このハゲーーーッ!』と怒鳴られるだけでオイシイですから。水面下でハゲタレントの争奪戦が巻き起こっていますよ」と、まさかの事態を打ち明けるのは某テレビ局ディレクターだ。

 豊田氏が元政策秘書の男性(55)を尋常ならざるテンションで厳しく叱責する音声は、このところ連日テレビのニュースやワイドショーで流れている。中でも「このハゲーーーッ!」という罵声は、一連の騒動の代名詞的な言葉となっており、大流行の兆しすら見せているから、世の中何がどう転ぶか分からない。

 早くも「今年の流行語大賞の最有力候補に躍り出た」と話す広告代理店関係者まで出るほど。豊田氏の絶叫ワードは、そこまで破壊力のある言葉だったようだ。

 渦中の豊田氏は自民党に離党届を提出、また元秘書は警察に被害を相談するなど、当人たちにとっては実に深刻な事態だが「世間のほとんどが“お笑い”としてこの騒動を受け止めている」とテレビマンは分析。言ってみれば、あの野々村竜太郎元兵庫県議(50)が2014年に号泣会見をした時のように…。

 テレビ界では、豊田氏のおかげ(?)で“ハゲ特需”が巻き起こっているわけだが、具体的な名前もリストアップされている。

「あまりに大物だと、さすがに『ハゲーーーッ!』とイジりづらいですから、中堅ぐらいが人気銘柄となっています。トレンディエンジェルの斎藤司やブラックマヨネーズの小杉竜一、フットボールアワーの岩尾望など。ベテランだとハゲをネタにしてきたモト冬樹とかですね。コメンテーターとしては、やはり東国原英夫でしょう。あとR-1で優勝経験があるのに低迷している三浦マイルドなんか、これを機に復活できるかも(笑い)」(前出ディレクター)

 さらにテレビ局関係者の間では、とんでもない企画まで練られているという。

「某テレビ局は、ハゲタレントを一堂に集めて番組ができないかと検討しています。ハゲて苦労したことや、逆に良かったことなどを語り合ったり…“ハゲのハゲによるハゲのための番組”です。豊田氏に出てもらい、直接対決することまで目指している」とテレビ局関係者。

 先月29日にはハゲ芸人たちが豊田氏についての見解を聞かれ、それぞれの思うところを語った。イケメン俳優・斎藤工(35)と一緒に求人サイト「indeed(インディード)」新CM発表会に出席した「トレンディエンジェル」斎藤司(38)は「テレビから(『このハゲーーーッ!』が)流れてくるたびにビクッてなる。心をすり減らしちゃいますよ。『お』を付けてほしい。『このおハゲーーーッ!』って」と笑いを交えてコメントした。

 またフジテレビ系「バイキング」に出演したモト冬樹(66)は、自身も「ハゲハゲ」と言われることに対し「愛情があったりお笑いがあったりする」とした上で、豊田氏の「このハゲーーーッ!」については「あんな不愉快なハゲ。(ハゲを)全員敵に回しましたよ」と怒りを表明した。

 この例だけを見ても分かる通り、ハゲ芸人の需要は確実に増えている。豊田氏の騒動をきっかけに、かつてないほどのハゲブームが巻き起こるのは間違いない!?

【将棋界には“カツラ外し”棋士】藤井聡太四段(14)の29連勝新記録に沸く将棋の世界でも、髪の薄い棋士が話題に。26日に行われた藤井四段の対局のネット中継で、解説を務めた佐藤紳哉七段(39)が女流棋士を相手にカツラ談議を繰り広げた。

 対局中に突然、カツラを外すことでも知られる佐藤七段。藤井四段に前人未到の大記録がかかった大一番の解説でも、カツラ外しをシドニー五輪女子マラソンで優勝した高橋尚子が勝負どころでサングラスを投げ捨てたことに例えたり、カツラにはレパートリーがあることなどを語った。

“お約束”のカツラ談議にツイッターでは視聴者が「面白い」「いつまでやっているんだ」「豊田議員を呼べ」と感想を続々と発信。フジテレビ系の情報番組に出演した際には藤井四段が「神がかっている」として自ら「カミ、カミ」と連呼してカツラを外してしまった。

 週刊文春では「AIも読めない 佐藤紳哉七段の王手ヅラ取り」と特集された佐藤七段。頭頂部や側頭部に髪はあるが、カツラは必需品のようだ。順位戦では藤井四段と同じC級2組に属しており、いずれ対局があるかもしれない。

最終更新:7/1(土) 11:02
東スポWeb