ここから本文です

豪代表ムーイがハダースフィールドに完全移籍…2020年までの3年契約

7/1(土) 12:50配信

GOAL

新シーズンからプレミア1部に昇格するハダースフィールドが、マンチェスター・シティからのレンタルで加入していたオーストラリア代表MFアーロン・ムーイを、2020年までの契約で獲得したと発表した。

ハダースフィールドの監督デヴィッド・ワグナーは、クラブの公式メディアを通して「我々がプレミアリーグに挑むにあたり、アーロンがここで引き続きプレーしてくれることがどれほど大きなことか。彼はハダースフィールドにとって欠かせない選手だし、1部昇格は間違いなく彼の貢献によるものだからね」と述べ、ムーイへの信頼を口にしている。

1990年生まれ、現在26歳のムーイはイングランドやスコットランドのクラブを転々とした後、2014年から所属した母国のメルボルン・シティで評価を高めていた。メルボルンと提携関係にあるマンチェスター・Cへ、2016年夏に完全移籍を果たしていたが、すぐさま2部(当時)のハダースフィールドにレンタルで放出されていた。

ムーイは16-17シーズン、ハダースフィールドでリーグ戦45試合4ゴールの成績を残し、クラブの1部昇格に貢献していた。オーストラリア代表としてもこれまで26キャップ5ゴールを記録している。

なお、ハダースフィールドにムーイを売却したマンチェスター・Cだが、移籍金は800万ポンド(約11億2000万円)に及ぶものと見られ、移籍条項には買い戻しオプションが盛り込まれているとされる。

GOAL

最終更新:7/1(土) 12:50
GOAL