ここから本文です

【ONE】日本のベテラン女子ファイターV.V Meiが会心の一本勝ち

7/1(土) 11:57配信

イーファイト

ONE Championship
「ONE:LIGHT OF A NATION」
2017年6月30日(金・現地時間)ミャンマー・ヤンゴン トゥウンナ・インドア・スタジアム

【フォト】勝利後にラウンドガールたちと笑顔で写真におさまるV.V Mei

▼第6試合 アトム級 5分3R
○V.V Mei(Riki Gym/和術慧舟會GODS/元DEEP JEWELSアトム級王者)
一本 2R 4分00秒 ※リアネイキッドチョーク
●ジェニー・フアン(台湾)

 アジアで最大規模を誇るシンガポール発のMMA(総合格闘技)団体『ONE Championship』(通称ONE)がミャンマーで大会を開催。元DEEP JEWELS王者のV.V Mei(=ヴィー・ヴィー・メイ、本名は山口芽生)が出場した。

 Meiは2007年にMMAプロデビューした34歳のベテラン。これまでに15勝10敗1無効試合の戦績を収め、2015年3月にはDEEP JEWELSアトム級王座(当時はフェザー級王座)を獲得している。ONEデビュー戦となった昨年5月のONE世界女子アトム級王座決定戦では、激闘の末にアンジェラ・リーに判定負け。8月のONE第2戦目も僅差の判定で敗れており、今回は白星をつかみたいところ。

 対するフアンは柔道の黒帯を持つ26歳の新鋭。2015年5月のMMAプロデビューから5連勝を飾ると今年3月にリーの王座に挑戦したが、3R・TKO負けでプロ初黒星を喫した。今回がMeiと同じく再起戦となる。 

 1R、互いに探り合う展開から、Meiが左右のパンチを細かく連打しながら前進して組みにいき、フアンの頭が下がるとヒザ蹴りを突き上げて離れる。今度は右ローを放つMeiだが、フアンも右フックを合わせる。

 打撃の交換から何度が組みにいく動きを見せていたMeiは、終盤に再び組みついてフアンをケージに押し込むと、片足を取ってテイクダウンに成功。左右のパンチを落としてラウンド終了を迎える。

 2R、フアンの右フックに合わせて、Meiがタックルからテイクダウンに成功。フアンはチョークを狙うが、Meiはこれを外してパスガードからマウントを奪取する。

 いったんはフアンがブリッジしてハーフガードに戻すが、Meiは再びマウントを奪ってパンチを落とす。フアンが背を向けたところへ、すかさずチョークを極めて勝負あり。フアンをタップさせた。Meiが会心の一本勝ちで連敗脱出、待望のONE初白星を上げた。

最終更新:7/1(土) 14:06
イーファイト