ここから本文です

サマンサタバサLが“大会最長”で開催に アン・シネも出場へ

7/1(土) 17:04配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

7月14日(金)に開幕する国内女子ツアー第19戦「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」が、今季の同ツアー(※公式戦を除く)では最も長いヤーデージの6667ydで開催されることが主催者から発表された。開催コースのイーグルポイントゴルフクラブ(茨城県阿見町)がコース改修を行い、昨年大会より合計で85yd長くなった。

【写真】モデル・中村アンさんらも登場して大会を盛り上げる

イーグルポイントGCはフラットな林間コース。過去5年の優勝スコアは通算16アンダーから8アンダーで、4回が2桁アンダー決着だった。うち2回はプレーオフにもつれ込んでおり、優勝争いが接戦となりやすい大会だが、1番(361yd→397yd)、17番(386yd→407yd)、18番(367yd→395yd)の3ホールが延長され、大会史上最長となった今回は、特に最終盤で新たなドラマが生み出される期待がある。

今年の大会には、主催のサマンサタバサと所属契約を結ぶ香妻琴乃、山村彩恵や同社ウェアを着用する原江里菜、青木瀬令奈ら“サマンサガールズ”がホステス大会優勝を目指して出場する。ほかに、今季未勝利(7月1日時点)の2年連続賞金女王イ・ボミや容姿、スタイルで注目を集めるアン・シネ(ともに韓国)の出場エントリーも発表された。

例年、トーナメント競技以外の部分でも、若い女性向けのエンターテインメント要素をふんだんに盛り込んで行われている大会。今年も人気モデルの中村アンさんの来場がアナウンスされており、華やかな雰囲気の中で開催されそうだ。


※当初は「今季最長」と報じていましたが、大会主催者より「公式戦を除く」と訂正があったため、7月12日18時に記事タイトルなどを修正しました。