ここから本文です

高江ヘリパッド工事を再開 ノグチゲラの営巣終了で

7/1(土) 7:51配信

琉球新報

 東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で1日午前、沖縄防衛局は中断していた工事を再開した。午前5時ごろ、工事車両約10台が基地内に入った。ヘリパッド工事に反対する人たちがゲート前に座り込もうとした際、民間警備員と機動隊が阻止したため、一時もみ合いになった。約30人が東村高江のN1ゲート近くで座り込みを続け「県民をばかにするな」「直ちに工事をやめろ」と抗議の声を上げている。
 工事はG地区の進入路を整備する。ノグチゲラの営巣期間が6月末で終了したことから、工事を再開した。工期は9月末までの約3カ月の予定。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:7/1(土) 7:51
琉球新報