ここから本文です

世界中の混雑状況が確認できるスマホアプリ「混雑マップ」配信開始 地図の色味で混み具合がすぐ分かる

7/1(土) 9:25配信

ねとらぼ

 世界中の施設やイベントなどの混雑状況を、地図上で確認できるAndroid用アプリ「混雑マップ」の配信が開始しました。表示形式は温度計のようなヒートマップで、赤みが強い地域ほど混んでいると一目で分かります。

【過去の状況や翌日までの予測も表示】

 位置情報を用いたビッグデータ事業を扱う企業、Agoop(アグープ)が開発。スマートフォンから取得した位置情報データを独自の技術で解析した「流動人口データ」をもとに、20分前までの混雑状況を地図上に表示します。

 過去6日間の混雑状況や、翌日午前6時までの混雑予測も確認可能。現在の混雑状況をTwitterに投稿する機能も搭載しています。現在はAndroid 4.03以上のみの対応ですが、7月中旬以降にはiPhone版も提供される予定です。

最終更新:7/1(土) 9:25
ねとらぼ