ここから本文です

土屋太鳳「キスいっぱいした?」の質問に照れ…

7/1(土) 12:26配信

シネマトゥデイ

 女優の土屋太鳳が、1日に都内で行われた映画『兄に愛されすぎて困ってます』の公開記念舞台あいさつに出席し、共演の井上裕介(NON STYLE)から劇中のキスシーンについて問われ、照れる一幕があった。この日は、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、杉野遥亮も登壇した。

【写真】片寄涼太、8キロ減量の上裸ショット

 本作は夜神里奈のコミックを実写化した青春ラブストーリー。突然モテ期が訪れた高校生の橘せとか(土屋)が、血のつながらない兄・はるか(片寄)をはじめとしたイケメン男子たちと繰り広げる恋の騒動を描く。

 イベントにはイケメン俳優陣が登壇とあり客席は女性ファンでびっしり。キャスト一同が入場するとあちらこちらから黄色い声援が。トークでは撮影エピソードからそれぞれの印象などを語り、モテモテな主人公を演じた土屋を井上が「いっぱいキスしたでしょ?」と冷やかすと、土屋は「こんな素敵な方々と共演させていただいたんだよって、孫に伝えていきたいと思います」とユーモアたっぷりな回答で照れ隠しする場面も。

 劇中のお祭りのシーンに絡めて「好きな子に15分の持ち時間があったらどうアプローチする?」の問いに答えるコーナーでは、まずは井上が「僕は15分間強引に抱きつくんじゃないですか」と提案し、客席の女性ファンは「キモーイ」と総非難。続けて、イケメンの杉野が「難しいけど、とりあえず2人きりになってできるだけ触りたい」と発言すると一転黄色い歓声が上がり、千葉は「会話をしたいから、カップラーメンを5個食べ比べしてお互いに感想を言い合うみたいな」、片寄は「スポーツとか公園に行ってサッカーしたり」とそれぞれのプランをコメント。土屋は「お祭りだったら、背伸びして一緒にいるよりは、まずは自分の素顔を出してしまった方が楽だと思うので、全力で遊びたいと思います」と乙女心を明かした。

 また、劇中では土屋へ壁ドンシーンもある井上。土屋いわく「とても早いスピードの壁ドン」だったそうで、壁ドンの最中に背伸びをしていたことを触れられると井上は「どうしても上からしてほしいと(監督から)言われて、俺が背が低いから背伸びしなくてはならなくて、それでそうなったの」と撮影の苦労も説明していた。(取材・文:中村好伸)

映画『兄に愛されすぎて困ってます』は公開中

最終更新:7/1(土) 14:37
シネマトゥデイ