ここから本文です

第25回三遠南信サミット 10月、浜松で開催

7/1(土) 7:41配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 遠州と愛知県東三河、長野県南信州の官民連携組織「三遠南信地域連携ビジョン推進会議(SENA)」は30日、浜松市役所で2017年度委員会を開き、第25回サミットを10月に同市で開催することを決めた。主に18年度策定予定の第2次三遠南信地域連携ビジョン(新ビジョン)の策定方針を協議する。

 サミットは10月30日に同市中区のアクトシティ浜松で開き、新ビジョンの策定状況の中間報告や現行ビジョン評価の最終報告を行う。当日の具体的な議題などは、遠州地域の構成員による専門委員会が検討する。

 新ビジョンの計画期間はおおむね10年間。県境を越える産業競争力の強化などを目的とした現行ビジョンを基に、事業の具体化を見据えて見直し、更新する。SENA会長の鈴木康友浜松市長は「地方創生を進める上で広域連携は非常に重要。10年先を見通した連携の在り方を議論していきたい」と述べた。

 委員会では、三遠南信地域のさまざまなデータを公開するオープンデータライブラリーの構築に向けた基礎調査などを盛り込んだ事業計画も承認した。

静岡新聞社