ここから本文です

F1=ロン・デニス氏、マクラーレンと決別

7/1(土) 11:06配信

ロイター

[ロンドン 30日 ロイター] - 自動車レースF1、マクラーレンの前会長兼最高経営責任者(CEO)だったロン・デニス氏が、同チームと完全に決別することが決まった。昨年11月に更迭されていたデニス氏は、保有するマクラーレンの株式をチームのオーナーに売却するという。

37年間にわたり続いたマクラーレンとの関係は、これで終わることになる。

マクラーレンは2012年以降、未勝利。今季はここまでわずか2ポイントにとどまっており、コンストラクターズ部門で10チーム中最下位に沈んでいる。

最終更新:7/1(土) 11:06
ロイター