ここから本文です

サッカー=UEFA、サラリーキャップ制導入の可能性も

7/1(土) 11:11配信

ロイター

[30日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長は、チーム間の戦力の均衡化を図るため、サラリーキャップ制の導入について検討する考えがあると明かした。

チェフェリン会長はスロベニアの週刊誌ムラディナに対し、「裕福なクラブとそれ以外のクラブとの差はさらに広がっている」と発言。「将来的にクラブの予算を制限することを真剣に検討しなければならない」と述べた。

さらに、多くのトップクラブが不要な選手を獲得しているとし、「そのような選手たちは出場機会を得られずにいる」と指摘。

「サラリーキャップ制を導入すれば、クラブはもっと合理的にならざるを得ない。大きな戦いになるが、これに勝てれば歴史的な変化になると思う」と語った。

最終更新:7/1(土) 12:17
ロイター