ここから本文です

(自由自在)熱い男子短距離の裏で

7/1(土) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 10年前の夏はとにかく暑かった。
 25日まで陸上の日本選手権が開かれていたヤンマースタジアム長居のイベント会場に、ジャージーの上下が飾られていた。右胸に「力の限り! とされい子」とサインがあった。2007年、同じ会場で世界選手権が開催された。灼熱(しゃくねつ)の太陽のもと、日本選手は体調不良の選手が続出した。地元の利を生かせず、メダルは女子マラソンの土佐礼子(三井住友海上)の銅一つに終わった。
 あれから日本の陸上界はどう変わったのか。男子短距離陣の躍進ぶりと層の厚さには驚くばかりだが、その熱狂の裏で、他の種目は苦戦していると言えないだろうか。……本文:1,618文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社