ここから本文です

柔道・高藤、井上尚とのスパー「衝撃的」 同学年の怪物から刺激

7/1(土) 6:04配信

デイリースポーツ

 リオデジャネイロ五輪柔道男子60キロ級銅メダルの高藤直寿(パーク24)が30日、男子日本代表が国際合宿を行うスペインに向けて羽田空港から出発した。27日には、親交のあるボクシングの世界王者・井上尚弥(大橋)とジムで合同トレーニングを敢行し、軽いスパーリングなどを行った。

 「パンチの速さが衝撃的で、かわせると思ったら簡単に額に当てられた」と苦笑いし、「柔道の組み手争いにも生かせる」と収穫を強調。今回は同学年の怪物に脱帽したが、「今度は柔道をしようと約束した」と明かした。