ここから本文です

松居一代、泰葉も…お騒がせオンナをあぶり出す5つの質問

7/1(土) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 タレントの松居一代(60)のブログが話題になっている。「恐怖の告白!!」と題し、「1年5ケ月も尾行され続けているの」などとつづっていた。夫の船越英一郎とは別居中と報じられているが、公の場で過去に女優の川島なお美さんと船越が交際していたことを暴露するなど、“松居砲”の威力はすごい。嫉妬深さは有名だ。元夫の春風亭小朝を提訴すると会見した泰葉(56)もそうだが、彼女たちのようなお騒がせオンナを妻にすると苦労しそうだ。

 男女問題に詳しい作家の加藤文果氏は「構ってほしい、特別扱いしてほしいというタイプですね。会話の中で“人とはちょっと違うのよ”とアピールするのが特徴です」と言う。せめて、こういうお騒がせオンナを見抜く方法は知っておきたい。それは5つの質問で分かるという。

①ご両親は健在ですか?

「経済的に恵まれた家庭で育ってきた女性ほど結婚してから豹変することが多い。このタイプは必ず、家族の話の延長で親戚が芸能人の○○と知り合いの知り合いとか、兄はクリエーターで業界とのつながりがあるなどと言います」

②学生時代は何をしてました?

「『部活の先生が私に目をかけてくれて。期待されていた』などと話し出す女性は、自分が中心じゃないとダメなタイプで危ない。ピアノを習っていただけなのに『大きな大会に出て……』と自慢を始める人も同じです」

③好きな有名人は?

「芸能人ならカリスマ性があって大きな賞をもらっているような俳優をあげたり、テレビや雑誌に露出の多い経済力のある有名社長というパターンが多い。自分もどこか特別だという意識から、こういう人を好むのです」

④インスタグラムやってる?

「実際にどんな投稿をしているかを確認。グルメライターでもないのに、芸能人行きつけの店や高級店ばかりアップし、『○○さんに高級店の限定スイーツいただきました!』などと紹介していることが多いですね」

⑤占いに興味ある?

「取材した方の中にも、『占い師に大作家になると言われました』という女性がいて、全く書く仕事もしていないのに、自分はそうなる運命だと語っていました。何かにすがって傾倒するタイプも、“お騒がせ女”になります」

 どれも雑談で聞ける質問だから、結婚を決める前に押さえておきたい。